ぎっくり腰の患者さん

こんにちは、ぎっくり腰の患者さんについて

しゃがんで作業することが多く腰を伸ばした際に腰に痛みが出現し来院されました。

腰の動きの確認をしていくと曲げるのも伸ばすも痛みが伴いつらい状態。ベッドに寝てもらう際の体位変換時も痛みがありますが、とりあえず

うつ伏せになってもらいます。うつ伏せになってもらい電気をかけますが、痛みがきつい場合は電気のモードを痛みを抑制するモードで

かけていきます。

ラジオスティムで患部に炎症を抑えるモードで10分間し、手技をしていきました。帰る際は痛みが残っていると仰られていましたが、

来院された時より楽と仰られて帰宅されました。帰宅される前に自宅でお風呂あがりに15分ほどのアイシングの説明と次回の来院指導を

していきます。次来院された際痛みの具合を聞くと、まだ痛みがあるがマシになっていることなので、前回と同じ施術をしていきました。

当院では痛みがきつい場合や炎症がある時はラジオスティムや電気で炎症を早期に押さえるようにしていきます。

ぎっくり腰やスポーツの等でお困りでしたら当院にご相談ください。

-お知らせ, 院長ブログ

© 2022 せき鍼灸接骨院